アコム審査厳しい?!通らない原因とは?

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行アコムのカードローンですが、実は審査しているのは消費者金融のアコム業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融のアコム業者の大半は銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融のアコムの方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

消費者金融のアコムのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、消費者金融のアコムには総量規制というものがあり年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のアコムのカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のアコムのアコムのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のアコムのアコムのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがアコムのカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、アコムのカードローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

消費者金融のアコムのキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

アコムのカードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行アコムのカードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

アコムのカードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

引用:アコムのキャッシングは自営業でも借りれる?審査はどう?

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

お金を融通してくれるアコムなど消費者金融はたくさんありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門のアコムなど消費者金融で限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、世間一般的に過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行法とは異なります。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行アコムのカードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

一度アコムのカードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

アコムなど消費者金融で高評価を獲得している理由は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。