和箪笥に眠っているだけの着物なら?

和箪笥に眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。
だけど売れなかったらどうなるのかな。
結構そういう方がいるようです。
着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。
さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。
素人が買取価格を予想するのは無理です。
それでも、有名作家の作品や、有名ブランドのお着物だった場合は高値で売れる可能性があります。
あまり古くなっていないブランドお着物なら裄丈など、サイズが大きめに作られているので中古市場で高値をつけられるからです。
和服は高価だし思い入れもあるもの。
処分するときにも、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、大損なんてことになりかねません。
よくある和服買取業者への苦情といえば、相場を無視した安値とか、宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。
業者の評判を調べ、ある程度選抜してから依頼すると安心です。
また、中身の写真を撮っておくというのも双方の思い違いも解消できるので、安心です。
祖母の遺品を少しずつ整理しています。
その中で着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。
専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、どこまでも買取の車を出してくれるところも当たり前のようにあってびっくりしました。
お着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、これをお店にどうやって運んだらいいのか、と泣きそうになっていたので、とても嬉しいサービスでした。