有酸素運動によるダイエット方法は?

効果的なやせる体操としてよくあげられるのは、適度な有酸素運動ではないでしょうか。
やせる体操として、有酸素運動のエクササイズやエアロビクスを連想する人は多いでしょう。
最近紹介されたダイエット方法によると、有酸素運動のみを行う体操ではありません。
体操の中でも無酸素運動を有酸素運動に組み合わせたほうが、もっと効果的にやせるのだそうです。
考案したのはアメリカのクレイガー博士で、交互に30秒ずつ有酸素運動と無酸素運動を行うものです。
本来20分以上続けなければやせる効果が小さいと言われていたのが、有酸素運動です。
クレイガー博士の理論によると、有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつ交互に行うことで、たった3分の体操で、やせる効果が期待できるといいます。
無酸素運動を30秒行うことで心拍数がアップし、全身への酸素の供給量が増えます。
有酸素運動を酸素の供給量を増やしてから行い、高めることができるのが運動による脂肪燃焼効果です。
両手を上に上げて行うバンザイスクワットを無酸素運動として30秒、その場でのジョギングを30秒有酸素運動として、3分間それぞれを交互に行うだけでやせる体操になるのがその具体的な方法です。